活動報告

グローバルフェスタ

「難民かけはしプロジェクト2017~学生によるマラソン難民支援~」は2016年10月1日と10月2日の2日間にわたってお台場で開催された、日本最大級の国際協力イベントであるグローバルフェスタJAPAN2016に参加しました。私たちは、国連UNHCR協会と共にブースを出展させていただきました。

ブースでは、難民に関するクイズや、ソーラーランタン、調理器具など難民への支援物資の展示などを行いました。ブースの賑わいから、日本の皆さんの最近の難民問題への関心の高まりを改めて感じました。

そして、二日目の昼には、振付師の南流石さんとともにステージに立ちました。流石さんは、2016年5月にヨルダンのザータリ難民キャンプを訪れ、難民の方々と童謡「幸せなら手を叩こう」をアラビア語バージョンで歌って踊るワークショップを開催しました。今回のステージではその模様を紹介いただき、同じ踊りを会場の皆さんと踊ることが出来ました。遠く離れていても、同じ歌を歌い、同じ踊りをしている、ヨルダンの難民キャンプの子供たちとのつながりを感じることが出来ました!

浜祭

難民かけはしプロジェクト2017は2016年11月3日に文化放送主催で開催された、浜松町グリーンサウンドフェスタ浜祭に参加しました。ブースでは国連UNHCR協会とともにブースに来てくださった方々に「つなごう難民プロジェクト」を紹介し、動画撮影の参加を呼びかけました。(「つなごう難民プロジェクト」とは、スマートフォンで動画を撮影し専用サイトに投稿後、投稿動画と難民の方々の動画がサイト上でつながり、難民を身近に感じることができるプロジェクトです。詳しくは http://tsunago-nanmin.jp/ をご覧ください)。

小さな子供から高校生、おじいちゃんやおばあちゃんまで、多くの方々がブースで動画撮影に応じてくださり、難民の方々とサイト上でつながることが出来ました!ステージでは、振付師の南流石さんと共に「つなごう難民プロジェクト」のダンスワークショップを行い、子供から大人、主催者の方々まで皆で踊り、大変な盛り上がりを見せました!

ランイベント

かけはし2017は2016年12月4日に、株式会社アシックス様の協力を賜り、東京マラソン2017チャリティランナーの方々と日頃から国連UNHCR協会の難民援助活動に参加していただいている方々を対象に、ランイベントを行いました。

イベントでは、まずアシックスのランニングコーチの方から、ランニング前後に行うストレッチや正しいフォームで走るための基礎を学びました。ランナーの皆さんは真剣な表情でトレーナーさんのアドバイスを聞いておりました。そのあと、5キロほど走って心地よい汗を流しました。
このランイベントは、かけはし2017メンバーにとって東京マラソン2017チャリティランナーの方々と交流を深めさせて頂く大変良い機会となりました!

⇒難民かけはしプロジェクト2016の活動報告はこちら